トライオートFXの戦略を考えるための基礎知識まとめ

こんにちは、ジェニィです。
初妊娠・育児にドキドキな日常を絵日記で綴っています。
はじめましての方はこちらもどうぞ→漫画だけまとめ読み / 絵日記を初めから読む

いつもランキングの投票、Twitter/Instagramでのいいね・RT・コメントなど、ありがとうございます!
更新のはげみになってます(*´▽`*)

+  +  +

たまには趣味の話でも。

最近チャートを確認したり注文を入れたりする時間がとれないため、自分の裁量トレードを多少自動化できないかな…と検討中です。
検討するうえでいろいろ調べたので、せっかくなのでまとめておきます。

なお、FXの基礎知識はある方向けに書いています。
FXってなあに?それ儲かるの?というレベルの方にいきなり自動売買は私はオススメしたくないので、そういう方はそっと記事をお閉じください。
(そもそもFX自体、安易に始めない方がいいと思うので他人には勧めませんが…)

トライオートFXとは?

あらかじめ指定しておいた条件に応じて、繰り返しIFDCO注文を出してくれるタイプの自動売買サービスです。そもそもトライオートFXってなんぞ?という方はこちらをどうぞ。

(参考)公式ガイド トライオートFXスタートガイド

トラリピ・ループイフダン・iサイクル注文・トラッキングトレード等のサービスに近いのだと思うのですが、それらよりは自由度が高いらしいです。比較を書いてらっしゃるブログがいくつかあったので、興味がある方はこちらもどうぞ。

(参考)トライオートFXとループイフダンを比較!

(参考)トライオートFXの設定をトラリピiサイクル注文ループイフダンと同じにする

基本として提供されているのはレンジ相場向けの設定ですが、カスタムすればトレンドフォロー系のトレードも作れそう。

戦略を考えるうえで必要な基礎知識まとめ

特有?の用語

カウンター

買い注文の場合は「決済後、いくら下がったら再度注文するか」の設定です。売り注文の場合はその逆です。基準は決済価格。
なので決済pips=-1×カウンターpipsなら、同じ価格で何度も売買を続ける設定になります。

買い注文の場合の例:

引用元:トライオートFXスタートガイド

フォロー

買い注文の場合、「決済後、いくら上がったら再度注文するか」の設定です。売り注文の場合はその逆。

引用元:トライオートFXスタートガイド

それ以外の用語

それ以外の用語も知りたい!という方は、「トライオートFXスタートガイド:2-5.自動売買の仕組みをマスターしよう」に一通り載っています。

参考書籍

トライオートFXそのものの本ではないですが、基本的な考え方は同じなので参考として読んでいます。

設定前に確認しておきたいサイト

各社FX為替予想

参考:各社FX為替予想

各社の為替予想をまとめているサイト。レンジ相場での繰り返し注文をするなら、さまざまな会社の出している予想レンジが参考になります。ドル円の他、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円もあり。

トライオートFXの推奨設定?を確認

自動売買ランキングから選べるタイプのもの

一番お手軽なのは、自動売買ランキングから選べるものです。一定のレンジの中で、買・売を繰り返すタイプ。

トライオートFX

ドル円の例ですが、利確30pips、カウンター30pipsということで、同じ価格で売買を繰り返す注文設定が、30pipsごとにずらりと並んでいます。フォローと損切は±2370pipsなので、まず損切もフォローもしないと見てよさそうです。

私は両建ては好みではないので、自分が使うなら想定レンジの上の方は売りだけ稼働、下の方で買いだけ稼働かな?

上昇ベーシック/上昇フォロー/上昇カウンター(その逆もあり)

モバイルアプリだけかもしれませんが、自分で自動売買注文を作成するときのエントリータイプ・売買スタイルがいくつか選択肢から選べます。もちろんその後で数値のカスタムも可能。
どの選択肢がどう動くか、どれが自分のスタイルに合うかなどなど考え始めると沼にはまります(はまりました)

これを使いこなせたら上級者なんじゃないか…!?という気がするので、基礎知識まとめはここで終わります。

※当記事はFX取引を推奨するものではありません。取引される場合は個人の判断でお願いいたします。

+  +  +

当ブログにお越しくださってありがとうございます。
更新の励みになりますので、ワンクリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

+  +  +
Twitterやってます。
気軽に絡んでいただけると嬉しいです!
記事更新も呟いていますので、よければフォローしてください。
@jenny_child_

シェアする

フォローする